2010年03月21日

COOL&CREATE ビートまりお 人間が大好きなこわれた妖怪の唄 歌詞

暗い霧の傍で 聞こえる水の音
視(み)えない姿には 気付かず追いかけて
何処で踊りますか 機械のワルツ
なにも 知らないまま 迷い込むのだあれ?

囚われ 奪われ 蒼い瞳
逃げ出す事なんて 出来ない
壊して 戻して もとのかたち 分からなくなれ
偶然な 運命も 機械仕掛(きかいじかけ)
逆らう事なんて 出来ない
両手を伸ばして 伝える 妖怪に恋した

深い闇の中に くぐもる水の音
重ねた指先は 零(こぼ)れた夢を見る
なにを 震えているの 怯えているの
せめて ありのままを 晒してくれますか

揺らして 枯らして 翠の髪
離れる事なんて させない
請(こ)われて 毀(こわ)れて
なにもかもが 何処かへいった
鮮明に 鮮烈に 熱く燃えて
近づく事さえ 出来ない
両手を掴んで 伝える 人間に恋した

やがて 終わりがくる 2人のワルツ
どうか 名前さえも 忘れてくれますか?

失くして 戻して 元の場所に
感情は逆流 出来ない
強く願うほど 放れていく 妖怪は気付いた
偶然な 運命も 機械仕掛
別れは突然 最後に・・・
恋われた日よ さよなら! 大好きな人間・・・

コワレタヨウカイノウタ

白い壁の場所で 心だけが壊れて
霧の中を探す 夜にとり残された

タグ:東方 歌詞
posted by うー☆ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | COOL&CREATE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。