2011年08月16日

Silver Forest なつみ 幻想ダイアモンド 歌詞

遠退いた 黄昏が
過ぎ去りし過去を映す
また一つ 甦る
記憶の面影 いつかの続き

巡る片空で
星の地図辿る
幾億 探した
遥かな道示す

溶けた 眼差し
離したりしないで
月の雫 一人 見る夢
散った 祈りは
ダイヤモンドのように
降りそそいで この手 染めゆく


押し寄せる 想い出は
消えない願いに 流した涙

廻る運命が
繋いだ両手は
幾歳 超えても
揺るぎのない強さ

絡む 指先
解けたりしないで
月の鏡 二人 照らして
交わす 契りは
ダイヤモンドよりも光放つ
そっと 色づく


巡る片空で
星の地図辿る
幾億 探した
遥かな道示す

溶けた 眼差し
離したりしないで
月の雫 一人 見る夢
散った 祈りは
ダイヤモンドのように
降りそそいで この手 染めゆく


絡む 指先
二人 照らして
交わす 契りは
そっと 色づく
posted by うー☆ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Silver Forest | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。